About

自己紹介とラジオのこと

こんにちは、上野紋と申します。
サイトをご覧いただきありがとうございます!
Profileページとは別に、少し詳しい自己紹介を書きたいと思っています。

鹿児島県国分市(現・霧島市)で生まれ、親の転勤に伴い兵庫県豊岡市や鹿児島県内を転々としながら育ちました。特に小学5年から中学卒業までの5年間を過ごした奄美大島では、同じ県内でありながら、鹿児島の同級生とは言葉も習慣も好きな食べものも異なる島の同級生に大きく揺さぶられました。友人たちと仲良くなるうちに島の暮らしやことばに心地よく馴染んでいった経験が、ことばや食文化などの民俗に興味を持つ起点となっています。

この興味を持ち続け「鹿児島とは違う土地の暮らしを知りたい、メディアについて学びたい」という動機で、茨城大学人文学部・コミュニケーション学科へ入学。
茨城県水戸市で4年間を過ごしたのち、富山エフエム放送株式会社(FMとやま)に入社します。
アナウンサーとして、ニュースやCMなどのアナウンス業務やワイド番組進行、公開放送や中継レポートなどを広く担当しました。年末特番の企画制作、ワンマンスタイルの音楽番組制作も経験しています。

立山連峰に見守られ、季節の移り変わりをはっきりと感じられる雪国富山の暮らしは新鮮で、行動範囲も興味の幅も大きく広がりました。
音楽のジャンルを問わず、ライブやフェスに出かけるようになったのもこの頃です。

2011年、契約満了に伴いFMとやまを退社したのち奄美へ渡り、NPO法人ディに入職。
コミュニティFM局・あまみエフエム ディ!ウェイヴでは、生活情報や文化、習俗、歴史などの番組制作、出演を担当。「暮らす土地の話題を、地域の人たちと共有しておもしろがること」の重要性を学びました。

また、式典やクルーズ船の送迎セレモニーから集落の夏祭りまで、相手との距離感を掴み、臨機応変に場の雰囲気をつくる司会については、島の現場で鍛えられたと感じています。

子どもの頃に奄美大島から受けた影響や、働きながら感じた島暮らしの魅力については、南日本新聞のウェブ版コラム「奄美なひととき」に詳しく寄稿しました。

2015年4月末でNPO法人ディを退職し、6月からフリーランスとして業務をはじめました。
北九州市、福岡市、山口市を経て、2021年12月からは東京都を拠点に業務を行なっています。

請負業務について

ラジオ番組出演や取材、リサーチ、編集、構成、選曲などの制作業務、インタビュー、ナレーション、司会を請け負っています。

インタビューについては出張、オンライン、機材持ち込みなど対応可能です。音声コンテンツの場合、企画構成、収録、素材編集、完パケ等制作業務も承ります。映像素材用のインタビュー、コメント収録実績もありますのでお気軽にご相談ください。
著名人や店舗・企業PRのためのインタビューも数多く担当しましたが、街頭インタビューも得意です。

ナレーション収録は、スタジオ出張、自宅収録&データ納品のいずれも可能です。宅録の場合も、声のみ・BGMを含めた完成版など、ご要望に合わせた形で納品します。このほか、企業や店舗、サービスなどのPR動画または音声の制作、納品なども承ります。規模や内容など、お気軽にお声がけください。

司会は式典や企業パーティ、イベントやブライダルなど各種承ります。おかげさまで現在、福岡、北九州、山口エリアで複数の派遣元との取引があります。今後は感染症対策を整えたうえで、従来の現場業務や、オンラインイベント司会等の新規案件にも対応予定です。
場面に沿った、居心地のよい空間づくりを心がけています。

現在の興味・趣味

最近の興味、趣味は
●断崖…いつも良い崖を探しています 山口県内だと角島灯台と元乃隅神社が好み
●民俗…方言や食文化といった日常の習俗を中心に 民謡にも興味があります
●音楽…楽器も声も、ライブハウスも野外フェスも
●運転…近距離から長距離まで 水戸〜富山、富山〜鹿児島の引っ越しドライブがいい思い出
●温泉…小さい頃から鹿児島の温泉銭湯に通って育ちました スーパー銭湯も好き
●海…絶壁から見る荒波も、静かな漁村や工業港の堤防や浜辺も好き
●アニメ…5年前くらいに突然再燃しました noteで各クールの鑑賞記録を公開しています

民俗は、特に大きな関心のひとつです。地域による暮らしや方言の共通点・相違点などについて、街を歩いて話を聴き、伝えることに関心があります。

上記以外のテーマについても、ご要望に合わせて対応いたしますのでお声がけください。

現在の主な活動エリアは東京都内ですが、ゆかりのある富山、九州、山口を中心に全国各地への出張も可能です。

簡潔なプロフィールはProfile、業務内容と実績についてはWorksをご参照ください。
ご依頼・お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします。

******

以上、長くなってしまいましたが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

©2021 Aya Ueno Official Website Allright Reserved.